Hosei Official Blog

冬の車トラブルあるある

2月 102017

 

皆さん、こんにちは!

企画室のイノコシです!

 

 

今日は朝から雪が降っていてとても冷え込みました。

今朝、朝起きると外の景色が一面真っ白...

どこを見渡しても 雪 雪 雪...

 

朝早くから雪かきをしてきた皆さん、本当にご苦労様です!

しかも、この雪の質、結構積もりそうですね。

 

道路が凍ることもありますので、歩道を歩くときは一歩一歩

踏みしめながら歩いたり、お車を運転する際は、あまり急がずに

細心の注意をはらって運転なさるようにしてくださいね!!

 

undefined

 

ということで、

 

今回取り上げるのは、「冬の車トラブルあるある」についてです!

 

冬場になると、結構多くの車トラブルに悩まされる方も多いのではないでしょうか?

そこで、いくつかピックアップして紹介していきたいと思います!!

 

 

 ● 道路の融雪剤(凍結防止剤)

undefined

 

冬場の道路には、様々なトラブルが存在しますが、皆さんは【融雪剤】が車に与える影響をご存知でしたか?

実は私... 知りませんでした...

 

道路には、積もった雪を解かす効果のある融雪剤を使用し道路の雪を溶かしているのですが、

その融雪剤が車に、付着してしますと錆が広がってしまうそうです!!怖いですね...

 

そこでボディーフレームや足回りなど、できるだけ洗車を行うようにするとよいそうです!

車体の下周りは、やりすぎてしまうと、壊れる部品もありますので、注意が必要です!!

 

 

ちなみに、融雪剤は海の塩風よりも影響があるそうなので、

冬は外が寒いですが、定期的に洗車をしたいですね!!

 

 ● 「落輪」

 undefined

 

道路に雪が積もると、見えなくなるところがあります。皆さんは分りますか?

 

答えは、道路の側溝です!

雪が積もってしまうと、どこが側溝かが分らなくなってしまうことが、冬場多々ありますよね。

 

その延長線上にあるのが、落輪です!!

落輪するとタイヤが傷ついたり、車の走行に大きな支障をきたす可能性も出てくるので

とても怖いです...

 

これを予防するには、道路のセンターラインを基準に運転したり、側溝付近に近づかないなど

細心の注意で運転をすることが重要になってきます!!

 

  「バッテリー」

 undefined

 

バッテリーと言えば多くの電気系統などで関わっていますね!

冬場になるとこのバッテリーが、上がってしまうことが多々あります...

ロードサービスも冬場はバッテリー関係が多いそうですよ!

 

寒い場所でのエンジンのスタート時や、冬場は暗くなる時間も早いのでライトの点灯時間も増えてきます。

そうなると、バッテリーが上がってしまいますよね...

 

夏と冬場も厳しい環境下におかれるので劣化が進みやすく

2年から3年が交換目安とされているので、こまめな点検がトラブル防止につながりますよ!

 

近年の新しい車だと、電装品が多くなっているのでバッテリー(電力消費)も早まりますので、注意が必要ですね!

 

  車全体の雪も降ろす(車体上など)

undefined

 

雪が降るといろんなと場所に積もりますよね、車の上もそうです!!

フロントガラスに積もった雪は落としますが、車の上の雪はそのままではないでしょうか!?

実は、この雪結構危険なんですよ!

 

ブレーキを踏んだ時に車体上に積もっていた雪がフロントガラスに滑って落ちて、

目の前がホワイトアウト状態になる事があります!

 

いきなり目の前が見えなくなると事故につながりますから要注意ですよ!!

積もった雪を落とす際は、車体全体の雪も落とすように心がけたほうが、

安心ですね!

 

今回は、冬に起きるトラブルについて特集してみました!

冬の時期は何かと車トラブルの多い季節ですので、今回の記事で少しでも、

予防に繋がればよいと考えています!

 

 

当店はサービスも充実しておりますので、何かありましたら是非、

足を運びになられてはいかがでしょうか?

コメントはありません

コメント

Atom

(C) 2016- Hosei